カードローンはおまとめすることで返済が楽になります

カードローンは初めは1社からのスタートであっても、気が付くと複数の消費者金融や銀行から借りてしまっているということも実際には多くあります。ひとつひとつの金融会社では借りる人によって借りられる限度額が決まっています。それは収入などから判断されますので、1社だけではあまり多くを借りられないということもよくあることです。そのためひとつの金融会社の限度額では必要なお金が足りず、何社からも申し込んで借りてしまうということもあるのです。

また、初めに借りた借金を返せないために他の金融会社から借りて返さなくてはならなくなったということもあります。いわゆる自転車操業に陥ってしまっている状態です。これらの状況になりますと、もういつになったら完済できるのかわからなくなります。さらに、返済日も各社違ってきますので、月に何回も返済日があることになり管理が大変です。

このような時には、おまとめローンがおすすめです。できれば金利の低い金融機関で今ある借金をひとまとめにするのです。おまとめローンを積極的にすすめている金融機関の方が審査に通りやすいでしょう。また借り入れ先が3社以上ですとやや審査に通りにくくなりますので、ひとつひとつ減らし3社以内にしたところで改めておまとめローンに申し込む方がよいです。カードローンはできれば1社で多く借りることができたほうが便利ですので、きちんと期日までに返済し信頼を得るようにして増額できるようにしたほうが、多重債務者にもなる危険性も減ります。

総量規制対象外のカードローンの審査方法について

2010年に消費者を保護することを目的に貸金に関する法律が改正されました。それが総量規制というものです。具体的には年収の3分の一までしか借りられないという内容です。例えば、年収が400万円の人は約130万円までしか借りられません。これはひとつの金融機関の合計額ではなく各金融機関を合わせた金額です。
ただし例外があります。それが総量規制対象外のカードローンということになります。普通の人はお金を借りるときに金融機関の種類などを意識することはありません。しかし、お金を貸す金融機関にも種類があります。大雑把にわけますと、消費者金融業界と銀行業界になります。もう少し説明を加えるなら、貸金業法が適用される業界かどうかです。
つまり、貸金業法が適用されない金融機関は総量規制対象外のカードローンを借りることできます。具体的に上げるなら銀行や信用金庫や農協などです。これらは年収の縛りに関係なくお金を借りることができます。
しかし、年収に縛りがないからといってなんの審査もなくお金を借りられるわけではありません。どんなカードローンであろうともお金を返してもらうことが大前提ですので審査は必ずあります。その方法は各金融機関ごとに違いがありますが、基本的には業界の信用調査機関を利用することになります。例えば消費者金融業界の調査機関と銀行などの信用調査機関は基本的には連携していませんのでお互いの情報を共有することはありません。
こうしたことを上手に生かすなら年収に縛られることなくお金を借りることができます。だからといって返済能力を考えずに借りるのはやってはいけないことです。

カードローンのバナーに映ってあるモデルの貸金業者

カードローンを提供している貸金業者は、さまざまな芸能人を利用してイメージアップを高めようとしています。以前の貸金業者は取り立てが怖いというイメージが植え付けられていました。映画やドラマで描かれる貸金業者は怖くないといけないというものも数多くなりました。貸金業法が改正されて、貸金業者もそのような怖い取り立てが制限されるようになり、健全な貸金業者であるとイメージを世間に浸透させるために芸能人やモデルを起用しています。ネットサーフィンをしているとモデルが掲載されたバナーや広告をよく見かける人もいるでしょう。

そのようなバナーや広告は安全なカードローンだから安心できるという考え方はあながち間違っていません。正規の貸金業者であり、しっかりと貸金業法を守って営業しているので、業者になります。そのような観点からカードローンの申し込みをするのも正しいでしょう。また芸能人やモデルをイメージキャラクターに利用している業者は、比較的大手になりますので、その点も安心して利用できます。

怖いというイメージがまだある貸金業者ですが、その怖いというイメージを感じるのはあくまでも返済が遅れたり、真面目に利用していない人が限定されます。カードローンと契約していて良かったという声も聞かれることが多いです。もしものときに頼りになるカードローンになることもあります。計画的に借り過ぎないように利用することが大切です。自分の使い方次第で、大きな力になってくれるでしょう。

学生がカードローンで借入するのに必要なもの

学生でもカードローンを利用することが出来ますが、必要となるものがあるので覚えておきましょう。必要なものは勤務先と身分証明の2つです。申込先によってはバイト先の収入証明が必要なこともあります。まず、何を見ながらカードローンの申込先を探せば良いのか、これは金利などカードローンの内容を見ることが大事ですが、それよりも学生でも申し込めるかどうかを確認することが一番大事です。そもそも、申込対者になっていないならその会社へは申し込むことが出来ません。基本的にはアルバイトをしているなら多くの金融会社から申込先を選ぶことが出来ます。注意点としてはアルバイトが申込可能となっていても学生が不可になっていることがあるので、ここは注意をしておきましょう。身分証明は誰でも用意出来ますが、収入証明が必要な場合はバイト先の毎月の給与明細を用意するか源泉徴収票を用意しましょう。勤務先を持っていると在籍確認を突破することはたやすいものです。バイト先へ電話がかかってくるのでそれに対応すればよいだけです。学生でもカードローンから簡単に借入することが出来ますが、借入後に関して返済はしっかりと計画を立てておくほうが良いです。特に借り過ぎてしまうと本当に返済するのが大変になってきます。元金が大きくなると利息額が高額になるため、どうしても返済が厳しくなるので金利計算は覚えておき利息を把握するようにしましょう。借り過ぎなければ返済不能にはなりません。

カードローンのキャンセルの申し込みとはどんなこと?

お金を必要にしているのであれば、ピンとこない方も多いでしょうが、お金に対して都合が付いた場合、カードローンの申し込み事態をキャンセルすることもできます。審査が通っていて、もうカードを発行できる段階であってもキャンセルは可能です。インターネットで申し込みをして、郵送してきたカードであってもできます。もちろん貸金業者の方に都合を申し出る必要があります。しかし自分でカードを持っていて使わないという方法をとることも可能です。カードローンの申し込みをしたけれど、いますぐカードローンを使用しなければならないといったことではありませんので、もしものために所有しておくのも良いでしょう。

またキャンセルを行っただけで、多くの方が気にする個人信用情報機関にブラックとして掲載されることはありませんので安心してください。この情報機関にブラックとして掲載されると今後キャッシングができなくなる可能性が高くなりますが、返済の延滞や債務整理をした場合掲載されることになります。しかし申し込みを行った事実は、掲載されますがそこまで深刻に考える問題ではないでしょう。

せっかくカードローンの審査に通ったのですから、所有して使わないという選択もあります。またお金が必要になってしまった場合は、一から貸金業者と接することになりますので、その点を考えると面倒な手続きを踏む必要が出てきますので、キャンセルをよく検討することをおすすめします。